Monthly Archives: 10月 2014

消費者金融を味方につけよってマジで言ってます?

大学教授・デザイナー・ファッションブランドディレクター・クラブオーナー・番組プロデューサー・現代美術家とすべてを書ききれないくらい、たくさんの肩書を持っている宇川直宏氏がインタビューの中で、消費者金融の存在価値について語っていた記事を発見しました。

宇川氏がまだ20歳で、駆け出しのミュージシャンだった頃に個人でレーベル(CD)を作成する時の資金として、プロミスからお金を借りたそうです。 続きを読む

オバマ大統領、レストランでクレジットカード利用を拒まれる

今年の9月にアメリカ大統領のオバマ氏が、ニューヨーク市内のレストランで食事をした時にクレジットカードで支払いをしようとしたところ、カードが受け入れられなかったようです。

カードが使えなかった原因は、あくまでも推測の域をでいないようですが、利用頻度が少なすぎるためにカードの不正利用が疑われたのではないかということです。 続きを読む

借金のために罪を犯す謎

多重債務から債務整理を経験した者の意見として、借金苦で犯罪に走ってしまうほど、バカらしいというか、割にあわないことはないなとつくづく感じます。

ここ最近、っていうかバブルが崩壊してからずっとかもしれないけど、借金を苦にしての自殺や犯罪の報道をよく目にします。

続きを読む

返せば返すほど増えるもの

誰の言葉だったのか、失念しましたが、借金とか債務整理関連の本にあった言葉であることは間違いないでしょう。

僕は、債務整理をすることになったころ、むさぼるように債務整理とか借金のに関する本を読みあさっていました。(ナニワ金融道も読みました)

その本の中で、書かれていたのが「借金は返せば返すほど増えるもの」という言葉で、当時の僕にはとても刺さりました。 続きを読む

老後破産

9/28にNHKスペシャルで「老人漂流社会”老後破産”の現実」という、高齢者の貧困について特集された番組があったそうす。

番組の方は、見逃してしまったのですが、週刊現代でその番組について触れていました。 続きを読む

年収が増えたために自己破産

よく、宝くじの高額当選者が、かなりの確率で自己破産しているなんて話を聞くことがあります。

ざっと、ネットで調べてみたら、その確率は7割とも、多いのになると9割なんてものもあります。さすがに9割は多く見積もり過ぎではないかと思いますが、確かに身分不相応な大金を手にすると、舞い上がって、生活が派手になることはありそうです。いわゆる、身を持ち崩すってやつですね。 続きを読む

親の借金、一番多いのは消費者金融

10月10日号の週刊ポストの記事によると、相続放棄の申し立てが年々増加しているようです。

一応説明しておきますと、親の財産は相続人である子供が引き継ぐことができますが、財産と言っても、全部が全部、プラスの財産であるとは限りません。

仮に親が家を持っていて、その家を相続しようと思っても、親に借金があれば、その借金も相続することになります。 続きを読む

 ページトップ