Monthly Archives: 12月 2014

カバチタレ 栄田と田村の会話

人間ちゅうもんは信用ならんもんでの。切羽つまりゃ すぐに約束破る。切羽詰まったモン追い込んだらどうなる?

わかりません。

逃げるで。夜逃げする奴も財産かくす奴もおる。それが人間ちゅうもんなんじゃ。

カバチタレ第二巻より

借りた金は返すのは本当に当たり前か?

「借りた金を返すのは当たり前」

確かにその通りで、金を借りている立場の者が、債権者からそう言われれば、返す言葉もありません。

僕自身も、毎日のように督促の電話をもらっていた時は、この言葉を浴びせられたのは、一度や二度ではとてもききません。

この言葉を言われるのは、返したくても返せない者としては、やっぱり、かなりキツイです。

なぜなら、その言葉の裏側には「お前は、約束したことも守れないような奴なのか!それでも、大人か!人としてどうなんだ!」といったニュアンスも込められているからからです。 続きを読む

質屋の目利きとサラ金の目利き

古典落語の演目に「井戸の茶碗」というのがありまして、ご浪人(主を失った武士のこと)の家に呼ばれたくず屋が、仏像を買ってくれと頼まれるのですが、このくず屋さんは、紙くず専門で仏像の目利きが利かないからと、買い取ることを断るという場面があります。

品物が確かなものかどうかを見極める「目利き」が、商売の成功を左右するということは、今の時代にもあてはまりますが、その最たるものが「質屋」ではないでしょうか。 続きを読む

奨学金が返せないと給料差し押さえるって変じゃないですか?

先日、日刊ゲンダイの記事を読んでいたら、大学院生の40%以上が奨学金を受けて、進学していると書かれていました。

それじゃあ、大学生だったらどのくらいなんだろうと思って、ちょっと調べてみたら、公益財団法人の生命保険文化センターってところのWebサイトに、平成22年度のデータで、昼間部の大学生の約50%が奨学金を受けているというデータが、見つかったので、「あれ、大学院生より、大学生の方が奨学金借りてるんだ。」と一瞬思いましたが、こちらのデータでは、大学院生の約60%が奨学金を借りているとなってました。 続きを読む

 ページトップ