国債

借りた金は返すのは本当に当たり前か?

「借りた金を返すのは当たり前」

確かにその通りで、金を借りている立場の者が、債権者からそう言われれば、返す言葉もありません。

僕自身も、毎日のように督促の電話をもらっていた時は、この言葉を浴びせられたのは、一度や二度ではとてもききません。

この言葉を言われるのは、返したくても返せない者としては、やっぱり、かなりキツイです。

なぜなら、その言葉の裏側には「お前は、約束したことも守れないような奴なのか!それでも、大人か!人としてどうなんだ!」といったニュアンスも込められているからからです。 続きを読む

 ページトップ