債務整理をして会社にバレませんか?

秘密

誰でも、自分が借金で首が回らないなんてことは、人には知られたくないものです。

ましてや、借金が返せなくなったから、債務整理をしたということが、バレたらあいつは金にだらしないヤツだと思われそうで、僕なら、親しい友人にも打ち明けられません。(実際に打ち明けたことはありませんでした。)

サラリーマンなら、債務整理をしたことが会社にバレて、評価が下がったりするのではないかと、不安に思うこともあるでしょう。

ここでは、会社に勤めているサラリーマンの場合に債務整理したことが会社にバレることはあるのか、詳しく見ていきましょう。

会社にバレる可能性はきわめて低い

いきなり、結論から申しますと、債務整理をしたところで、それが会社にバレることはまずあり得ません。

もちろん、自分からぺらぺらしゃべったりしなければの話ですが、普通しゃべらないですよね。

債務整理の方法は、いくつかありますが、任意整理の場合なら、それを会社が知るよしはないので、バレようがありません。

そのほかの個人再生や自己破産は、官報という政府の発行する広報誌に名前と住所が載ってしまいますが、これをいちいち人事課が自社の社員と照らし合わせてチェックするようなことは、まずないですし、そういうことをしている会社があるという話も聞いたことはないので、安心して良いと思います。

何もしないでいると会社にバレる可能性大

債務整理をすることに関しては、会社にバレるということを心配する必要はありませんが、逆に、借金を延滞して、そのままにしておくと、会社にバレる可能性はかなり高くなります。

いつまでも、延滞した状態が続けば、カード会社や消費者金融の会社の方も、黙ってはいません。

貸金業者は、裁判所へ訴えを起こすでしょうから、そこで、確定判決が出ます。つまり、債務者は裁判に負けるということですが、お金を返していないので、当然です。

次に、債務名義を取られて、いつでも強制執行しても良いですよという裁判所のお墨付きが出てしまいます。

裁判

こうなると、勤め人であれば、給料の差し押さえがいつでも可能な状態になってしまいます。

給料の差し押さえをされれば、さすがに会社にはバレてしまいます。

ちなみに、自営業者やフリーターなら給料の差し押さえの可能性は、ほとんどありません。

会社員で、毎月の給料がしっかりと支払われている人ほど、差し押さえにないやすいということですね。

ただし、給料の差し押さえは、給与の4分の1までしか、差し押さえることができません。

たとえば、給料が25万円の人だったら、62,500円までしか取られませんので、残りの187,500円は手元に残ります。

給料を差し押さえられると、すべてを持って行かれて、無一文になると思っている方もいるようですが、そのような心配はありません。

余談ですが、給料が差し押さえにあったからといって、会社側がそれを理由に解雇することはできません。

まとめ

債務整理をしても、会社にバレる可能性はないが、長く延滞して、給料を差し押さえられると会社にバレる。


それでも、僕の言っていることに確信が持てないようでしたら、秘密厳守を徹底している弁護士事務所もありますので、本当に会社にバレないか納得いくまで確認してみてください。

いずれにせよサラリーマンの方なら、早めに対処しておくことがベストな選択と思います。

解決できない借金問題はありません。

私自身も数年前までは、借りては返す生活を繰り返してしまい、1千万円以上の借金を抱えて、一人で悩んでいました。

しかし、専門家に相談したところ、あんなに悩んでいたのは何だったのか?と思ってしまうほどあっさり解決してしまいました。

もちろん、それなりの代償は払いましたが、借金に追われて、満足な食事も採れなかった生活からは解放され、まともな人生を送れるようになりました。

もし、あなたが今、かつての私のような状況なら、依頼するしないは置いといて、どんな解決策があるのか相談されてはいかがでしょう?

サンク総合法律事務所

月600件以上の相談実績を持つサンク総合法律事務所なら、親切な専門相談員があなたの借金問題にベストな解決策を提案してくれるでしょう。

相談は無料なので、家族に内緒にしたいとか、今すぐ督促を止めたいなど、どんなことでも相談にのってくれます。もちろん秘密は厳守です。

お急ぎの方はフリーダイヤル(24時間365日受付/全国対応)がおすすめです。

TEL:0120-834-027

  • このエントリーをはてなブックマークに追加