ヤミ金から借りてしまった

最近は、ヤミ金も割の合わないビジネスになったきたようで、以前に比べるとその数も減ってきたというデータもあるようです。

闇金業者の多くが、振り込め詐欺に商売替えをしたという話もあったりするのですが、個人的には以前と比べて、被害者が減っているようにはあまり思えません。

むしろ、以前よりも巧妙化してきて、表に出てくる被害者の数が少ないのかも知れません。

ヤミ金は、正規の業者ではないだけに、取り立ての手段も厳しいことでしょうから、今現在、ヤミ金の取り立てに悩んでいる方には、一刻も早くどうにかしたいという心境ではないでしょうか。

ヤミ金は法定外の違法な金利をとっています。よく、10日で1割の金利を「トイチ」といいますが、これなんかは良心的(?)な方で、「トサン」や「トゴ」なんていう業者もいるようで、一度ヤミ金の手を出してしまったら、絶対に完済することなんてありません。

そもそも、ヤミ金そのものが違法なものですから、(元本も含め)返さなくても、なんら問題はありませんし、最高裁でも返済の義務はないという判決が出ています。

ですが、やはりそこは人と人とのやりとりですし、向こうも法律を守った取り立てなんてしてきません。

一刻も早く、弁護士等に相談することが大事ですが、ヤミ金の場合だと、受け付けてくれない場合もあります。

ヤミ金

なぜなら、執拗な嫌がらせで業務に支障が出てしまうことも多く、弁護士さんとしても割に合わなくなってしまうからです。

また、あまり債務整理に明るくない弁護士さんだと、依頼者を自己破産だけさせて、ヤミ金の対策を取らないため、せっかく自己破産したのに、ヤミ金との付き合いだけは残ってしまうというケースもあるそうです。

なので、ヤミ金から借りてしまった方は、ヤミ金の対応をしてくれる弁護士などの専門家を探すことを強くおすすめします。

また、専門家にお願いするだけで、安心しないで自己防衛の手段も講じておくべきです。

ヤミ金対策

  • 違法な取り立てを受けたら警察に届ける(生活安全課へ行こう)
  • 行政へ訴える(都道府県貸金業登録課・財務局)
  • 必ず証拠をとる(ボイスレコーダー・カメラ・ビデオなど)
  • 外出するときは一人で行動しない(拉致・監禁・軟禁対策)
  • 外出時に大金やクレジットカード、印鑑などを持ち歩かない
  • 自宅を留守にしない(不法占拠対策)

えつ、そこまでするの?と思うかもしれませんが、僕の知り合いにヤミ金に拉致された(すぐに解放されました)人が実際にいたので、考えられるケースにはすべて対策するべきと思います。

いずれにしても、自分一人でどうにかしようと思わず、まずは、専門家に相談すること。身の危険を感じたらすぐに警察へ届けることが大事です。

基本的に警察は、民間のやりとりについては不介入という立場を取りがちです。

警察に相談しても「ヤミ金から借りたんなら、返さなくていいんだから、そのまま放っておきなさい。」と言われて返されたケースもあります。

このようなときには、「関東管区警察局の監察部(関東の場合)へ問い合わせたいので、失礼ですが、あなた(担当した警察官)の名前(フルネーム)と階級を教えてください。」とでも言ってみましょう。

これで動いてくれたら、儲けものですし、もし、勝手にしろと言われたら、本当に問い合わせたらいいんです。電話一本で済むことですからね。何も遠慮はいりません。


こういった生々しいやりとりは苦手だとか、今すぐ何とかしたいという時は、闇金の対応を得意とする法律事務所に相談してみるのも良いでしょう。

相談は無料なので、手遅れにならないうちに早めに相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加