任意売却とは

任意売却というのは、住宅ローンがまだ残っているマイホームを売り払って、残りのローンの返済に当てることをいいます。

住宅ローンは、毎月毎月返済さえしていれば、まったく問題はありませんが、今の時代は何があるかわかりません。

住宅ローン

今勤めている会社が、来月も存在しているかどうかもわからない中で、長期のローンを完済するのは、ギャンブル的な要素もあります。

住宅ローンの支払いが、できなくなれば、銀行からは督促状が届いたり、電話がかかってきたりすることでしょう。

いくら銀行でも、1ヶ月位ローンの返済が遅れたくらいでいきなり、競売にかけるようなことはしませんが(でも、そういって脅かすことはありますが・・・)、リストラなどにあって、その先の収入のめどが立たなければ、遅かれ早かれ、マイホームを処分しなくてはいけません。

せっかく手に入れたマイホームを手放したくはないですよね。

人間というのは、すでに手に入れたものを失うことにものすごく抵抗を感じる生き物らしいですね。

僕も、住んでいた家を任意売却した経験があります。やはり、マイホームを失うことに抵抗感はありましたが、僕以上に妻が反対しましたね。

僕の場合は、債務整理中に交通事故にあって、生活が成り立たなくなりましたから、家のローンどころか、米を買うカネも心配な状況でした。

そんなわけで、任意売却することに、それほど躊躇することなく、妻を説き伏せて、実行することができました。

今思えば、あのときズルズルといってしまって、競売になったとしても、あまり高い金額では売れなかったはずですから、手遅れになる前に、任意売却しておいて正解だったと思っています。

任意売却と競売の違い

ここで一度、任意売却と競売とでは、何が違うの確認しておきたいと思います。

競売(キョウバイと読みますが、法律家はケイバイということが多い)は、家のローンを支払わずにいれば、いずれ、銀行の方で勝手にやってくれます。

勝手にやると言っても、そこは法律に則ってやるわけですから、銀行等の債権者が地方裁判所へ申し立てをして、許可がおりれば競売が開始されます。

競売

このとき、はじめて不動産の差し押さえが行われます。勝手に売ったりされては、競売にかけられませんから。

勘違いしている方が多いようですが、家のローンの返済が滞ったからといって、すぐに差し押さえされるわけではありません。

競売にかけられた物件が、めでたく落札されると、新しい持ち主が決まりますので、家を空けなければいけません。

このように、競売の開始が決定してから、家を明け渡すまでには、けっこう時間がかかります。ということは、その間は家賃「ゼロ」円の家に住めるともいえます。競売のメリットはここじゃないでしょうか?

もちろん、競売には任意売却と比べて、それなりにデメリットもあります。具体的にどんな違いがあるのか、表で見てみましょう。

任意売却と競売の違い

任意売却 競売
明け渡しまでの期間 売れたらすぐ 最長で強制執行まで
売却価格 市場価格に近い 一般的に安め
債務者の手間 専門家へ相談 何もしなくて良い
他人に知られる可能性 通常の売買と同じ 競売物件を公開される
引越し費用 出してもらえる場合もある 基本的に自腹

この表は、一般的なものについてなので、ケースバイケースで状況が変わることもあります。

競売では、長く(1年位)家賃がタダで住めるといっても、実際は、競売物件として公開されていて、最近ではネットでも検索できます( たとえばココとか)から、住んでいても針のむしろではないかなと思います。相当神経が図太い人でないと、厳しそうですね。

購入者が決まったらすぐに家を空けなくてはいけない点が、任意売却のデメリットですが、これも考え方によっては、早く借金問題に決着を付けられると考えれば、それほど悪いことではないかもしれません。

任意売却は、どこにお願いするのか

僕が、任意売却をした数年前は、まだあまり一般的じゃなかったので、弁護士事務所でもこういった案件を扱っているところは、ほとんどありませんでしたが、最近は、任意売却に特化した事務所もあります。

任意売却を専門に扱っているところなら、ノウハウや経験値が違いますので、引越し費用を出してもらえたり、明け渡しの時期をある程度相談に乗ってもらえたりと、交渉を有利に進めることができます。

任意売却 競売版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加