夫の保証人になったが、離婚したら外れるの?

まず最初に、日本の保証人制度について、軽く説明しておきます。

よく普通に「保証人」と言いますが、厳密には保証人には、ただの「保証人」と「連帯保証人」があります。

まず、ただの保証人ですが、これは例えば、Aさんが100万円を貸金業者からお金を借りるのをBさんが保証をしたとしましょう。Bさんがなかなかお金を返してくれないので、貸金業者は保証人でAさんに払ってくれと言ってきます。

ここで、Aさんは「借りたのはBさんなんだから、ちゃんとBさんから取り立てなさい」と主張することができます。

連帯保証人とは

では、もしAさんがただの保証人ではなく、「連帯保証人」だったらどうでしょうか?

答えは、「AさんはBさんの代わりに払わなくてはいけない。」です。

つまり、連帯保証人になるということは、お金を借りたこととまったく同じと考えて良いのです。

連帯保証

そんなバカな、と思うでしょう。でも、それが日本独特の「連帯保証制度」なんです。

しかも、この連帯保証は婚姻関係よりも強固です。つまり、離婚したくらいで、連帯保証人から外れるようなことはありません。

知人に夫に多額の借金があって、奥さんが連帯保証人になっていた方がいましたが、ある日、奥さんのほうから離婚届をつきつけられ、結局別れてしまいました。

もちろん、こんなことをしたって、借金は減りませんし、名前が変わったって奥さんが連帯保証人であることに変わりはありません。それくらい、連帯保証人って怖いものなんです。

僕は、こんなバカげた制度を残している日本は、先進国とは呼べないと思いますが、現状では、どこの金融機関も連帯保証を求めてきます。(最近、少し変わってきてるようですが。。。)

というわけで、夫の連帯保証人になってしまった奥さんには、離婚しても借金はついてきます。別れるなら、離婚する前に奥さんが自己破産してから別れるか、逆に夫婦で協力して借金を整理するのが懸命と思います。

ウィズユー司法書士事務所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加