グレーゾーン金利って何?

ニュースなんかで、よく聞く「グレーゾーン金利」ですが、具体的にどこの部分の金利を指しているのか意外と知らなかったりしますよね。

おかしな話なんですが、お金を貸すとき(借りるとき)の金利を定める法律って、2つあるんです。ひとつは、「利息制限法」でもうひとつが「出資法」と呼ばれるものです。

利息制限法が定める金利は、元本によって変わってきますが、たとえば、10万円以上100万円未満の時で、年利18%です。

一方「出資法」が定める金利は、年利で29.2%となっていました。この29.2%を超える金利をとったら、刑罰の対象となって、「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金」となります。

それじゃ、利息制限法が定める18%を超える利息をとったらどうなるかというと、一応無効となっていました。しかし、これには罰則がなにもないので、サラ金業者は29.2%の金利を取っていました。

で、グレーゾーン金利というのは、利息制限法の定める年利18%から、出資法の定める年利29.2%の部分の金利を指します。

グレーゾーン金利

と、ここまでの話は平成22年までの話です。

今現在は、法改正されて、出資法の上限金利も20%と下げられています。だから、どこのサラ金業者でも上限は、だいたい18%くらいの金利に設定されています。

よく「過払い金」という言葉を聞くと思いますが、平成22年までに29.2%でお金を借りていた人なら、このグレーゾーンの部分を多く払いすぎている可能性があります。この払い過ぎた金利を過払い金といいます。高い金利に泣かされてきた人は、弁護士などを通して、任意整理するとこの過払い金が戻ってくる可能性があるのです。

このグレーゾーン金利はサラ金だけの専売特許ではありません。クレジットカードは、物を買うときは18%ですが、カードでキャッシングをした時には、サラ金と同じ29.2%の金利を取っていた業者も多いので、債務整理の際は、よく確認しておいたほうが良いでしょう。

ウィズユー司法書士事務所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加