借金の一本化(おまとめローン)は得なのか?

債務整理の方法として、バラバラに借りている借金を1か所にまとめて返済していこうというのが「借金の一本化」または「おまとめローン」というものです。

高い金利で、あっちに30万円、こっちに50万円という具合に借りているよりも、1つの銀行などから、今よりも低い金利借りれば、理屈の上では返済も楽になって、トクだと思うでしょう。

ただ、これには落とし穴があるので、ここで確認しておきましょう。

借金をまとめたら、完済まで借金せずにいられるか?

借金を一本化するということは、これまで借りていたところは、一括して返済してしまうことになります。

ということは、そのままキャッシングカードやクレジットカードを持っていれば、また限度額まで借りることができてしまうかもしれません。

クレジットカードの整理総量規制がありますから、今は簡単には貸さないとは思いますが、もし気が緩んで買い物の支払いをクレジットカードで決済してしまえば、更に借金が増えてしまうことになります。

本来なら、借金を一本化したら、それまで持っていたカードはすべて解約してしまうべきです。

そうは言っても、今の時代クレジットカードくらい持っていないと、なにかと支障があることも事実です。

借金の一本化をするのであれば、完済するまでは絶対に分割払いや大きな買い物をしないという、強い意思が必要になります。

担保や保証人を取られないか?

これは、本当に注意していただきたいです。

普通、サラ金やクレジットカードからの借金については「無担保・無保証人」で借りているはずです。

もし、銀行系のおまとめローン(あるいはノンバンクでも)に借り換えるときに担保や連帯保証人を要求されたら、絶対に借りるべきではないと個人的には思います。

無担保・無保証人そんなことをするくらいなら、苦しくても今のままの方がまだマシです。

そうはいっても、督促がうるさくて困っているんだという方もいるかもしれません。

でも、よく考えてみてください。

仮に今返済が苦しくて困っていたとしても、消費者金融やクレジットカードから借りている分については、あなたが一人で責任を取ればそれで済みます。(責任の撮り方はいろいろありますが、もちろん夜逃げや自殺なんてのは論外ですよ)

それなのに、わざわざ他人を巻き込んだりする必要はありません。

もし、どうしても返済ができなくなったとして、個人再生や自己破産をしても被害は自分一人に抑えられますが、連帯保証人がいれば、その人が全額あなたの代わりに返さなくてはいけなくなります。

おまとめローンを利用する場合には、無担保・無保証人で借りることができて、さらに完済するまで一切借金はしない自信がある場合に限り、検討してもよいかもしれません。

借金革命

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です