自己破産は借金の踏み倒しではない

By | 2020年4月21日

自己破産というと、実態は良く知らないけど、なんだか恐ろしいことで、まるで地獄に落ちてしまうように思っている方も多いことでしょう。
しかし、その一方でお金を借りまくって、返せなくなってしまっても、いざとなったら自己破産があるさと軽く考えている方も少なくないようです。

そのような、現実があるためなのか、自己破産は借金の踏み倒しだと非難する声も世間にはあります。

合法的

借金問題のサイトや書籍などでも「自己破産で合法的に借金を踏み倒せる」などと書かれている場合もあったりします。しかし、これは誤解を生む表現だと思いますし、実際のところ、自己破産は別に借金の踏み倒しなどではないのです。

なぜ自己破産は借金の踏み倒しと言われるのか?

自己破産することを借金の踏み倒しだと主張するのは、金を貸す側の方だったり、借金や多重債務とは無縁の経済的に恵まれている方が多いように思います。

こういった方々の声が大きいというのは、疑いのないところでしょう。なぜなら、自己破産を経験したことを大っぴらに語る人はまずいませんから。自己破産をしたという人生の汚点は隠しておきたいのが人情です。

なので、必然的に声の大きいほうの主張が目立ってしまうのです。

たしかにお金を貸した方にしてみれば、自己破産なんてされたら、一円も取り立てることはできなくなってしまうから、「そんなことはしてくれるな」と思うのも当然のことです。世間一般の感覚としても、借りたものを返さないというのは道徳的にも間違ったことと受け取られますし、どう考えても金を返さないというのは「悪」だという印象が強いです。

返さないのではなくて、返せない

ただ、自己破産する方のほとんどが、借りた金を返さないのではなくて、返したくても返せないというのが本音のところで、努力が足りないとか、甘えているという言葉で片付けてしまえるほど単純な話ではありません。

一般的に踏み倒しというと、借りたものを一切返さないといったニュアンスが含まれますが、実際に自己破産にまで至ってしまう人というのは、無理を重ねた結果、借金が膨れ上がってしまって、どうにもならない状況に陥って返せなくなってしまった。食費や家賃など生きていくための生活費もままならない状況の人が多いのではないでしょうか?

ということは、個人個人事情は違うでしょうが、あるていどの額は途中まで返してきたけど力尽きてしまったというのが実態に近いのだと思います。

自己破産は簡単にできるものではない

自己破産は申し立てればすべてのケースで免責(もう借金を払わなくて良いですよという裁判所からの許可みたいなもの)が認められるわけでもありません。

実際に裁判所から免責してもらうためには、膨大な量の書類に借金の借入先や金額、なぜそのような事態になってしまったのかなどの経緯や反省点など、かなり細かく記載して提出しなければなりません。

いい加減な気持ちで望めば、裁判官も自己破産することを認めることはありません。

また、自己破産では生活に必要なある程度の財産を手元に残しておくことはできますが、一定以上の価値が認められる財産は処分しなければいけません。

なので、自己破産によって重い借金の返済からは、免れるというメリットもある代わりに、どんなに思い入れのあるものでも金銭的な価値があれば、それらを手放して、一からやり直しなさいという制度といえるでしょう。

私は個人的には、安易に自己破産をするべきではないと思っていますし、自己破産は最終手段だと考えています。なぜなら、いくつかある債務整理の方法の中で、自己破産はそれほど効率の良い手段だとは思わないからです。

それでも、多重債務者になってしまって、どうにもならない場合には最終手段としての自己破産という選択肢を選ばざるを得ない方も一定数存在します。

そういった方々が仮に自己破産という手段を選択したとしても、それが「借金の踏み倒し」だと非難されたりする必要もありません。

また、自己破産をした本人もそのことに負い目を感じたり、自分のことを人生の落伍者のように感じる必要もないと思います。ただ、同じ過ちを二度と起こさないように、その経験を今後の人生に活かしていければいいんじゃないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です